私たちは、みんなが楽しめる「生きがい」を
一緒に見つけ出します。

SCROll

01.Make a Meal高齢者向け食事サービス

  • 医療機関
  • 高齢者施設

美味しいもん⾷べたい!ただ、それだけ

利⽤者さんに美味しいを届けたい!
栄養コントロールは⼤切だけど、数値上整っていても、美味しくないから⾷べないおじいちゃん、おばあちゃんの健康状態が低下する悪循環。「美味しいもんたべたい」という⾼齢者の声を聞き、美味しいを届けよう!と運営をしてきました。
現在は、どこの施設に⾏っても続かなかったおじいちゃんが、⾷事がうまい!と弊社の⾷事を理由に施設通所が安定したり、お⾷事が⾷べられなかったおばあちゃんがお⾷事を召し上がれるようになったりと、お陰様で好評価を頂いております!
弊社では、美味しく⾷べてもらいたい!その思い⼀点で、残飯量は当たり前に意識をおき、多いと感じる時には、しつこいくらいのヒヤリングをします(笑)そんな、みなさんの姿を⾒せていただき、スタッフ⼀同、楽しみながらお仕事をさせて頂いております。

Make a Meal

02.Social welfare就労トレーニング事業

  • 就労TL
  • 発達TL
  • 職業紹介

格差なんか問題じゃない ⾃分で掴み取る!

弊社では、⾼齢者お⾷事サービス事業の中で、16 歳〜20 歳代の若年層の不登校・引きこもり・⼿帳など交付されない発達障害児・児童養護施設を退所前の⼦どもたちを対象に、就労トレーニングを実施しております。
ごくごく普通で、⽇常の当たり前を仕事の中で、感じ体験し学んでいく事を基本としています。弊社のような事業内容は、国の補填はなく、弊社の利益の中から運営している為、今の所は、沢⼭の受け⼊れはできません。少しづつ、事業利益を出しながら、⼀⼈でも多くの受け⼊れを⽬指しております。

※⼿帳交付されないとは
発達障害の多くは、障害者⼿帳(療育⼿帳)などの対象として、認可されにくく、出来ない事、苦⼿な事が多くあるにも関わらず、健常者として⽣きていく事となります。 世に出た時に、使えない⼈材・変わり者など⾔われる事も実際に多くあります。
※児童養護施設退所児童とは
様々な理由で、親と⽣活ができず施設で養育・保護されます。18 歳になると退所する規定ですが、家庭で教育を受けてこなかった⼦供たちには、世の中の常識が理解できない⼦どもも多く、ギャップを感じ世の中に溶け込む事が困難となるケースが多くあります。そんな⼦どもたちにとっては、世の中の常識はむしろ⾮常識なのかもしれません。
Make a Meal

03.Lecture business教育・研修事業

  • 企業
  • 高校
  • 大学

セラピー事業を通じ、近年では若年層の相談が増加し背景を探求していく中で基本的に子供自身が体験し、感じ、考え、行動するような、アナログ的な教育が重要と考えそこが基本理念にあります。
高校や、大学等のキャリア(生きてくための基本資質)教育にも携わり沢山の学生たちの成長を見守りました。
また、企業においても女性が活躍する職場では様々な壁や内面的な悩みがあります。代表自体が、4人の子供を持つという事もあり、リアルなキャリアとして企業のキャリア教育・人材育成・メンタルトレーニングもさせて頂いております。

Make a Meal

04.Lab.研究・開発事業

  • 販売促進
  • IT・IoT
  • Social Solution

お⾦もコネもない?だから何だ!!

これまで、沢山の学生や大人と関わりを持ちました。
⽼若男⼥問わず、何かしらテーマがある事を強く感じました。
こんな事、今更⾔えない。こんな事誰にも聞けない・・・。
なぜ?聞けないのか?

例えば、起業したいけれど、何からすればいいのか?今更、誰にも聞けない、調べてもよくわからない。 専⾨家に相談したいけど、お⾦に余裕がない。あるあるです。
実は、○○が趣味で、これで⽣計を⽴てたい!でも・・・。どうやって深めればいいのか分からない。など

私達はエリート集団ではなく、お⾦もコネもなく、本当に、勢いや思いだけで運営をしてきた企業です。始めから、うまくいった訳でもなく、沢⼭の失敗も経験しました。
こうして、未知の事を、少しづつ具現化して、今の私達が存在しています。誰かの、少しの⼿助けで、本当に救われ、成⻑できる事が沢⼭あります。

どんな偉⼤な事柄でも、たった⼀⼈の発想や⾏動から始まる。私達は、そんな⼈達のサポートをし、具現化していく⼿伝いをしたいとラボを作りました。

現在は、⼈が良すぎて、⼈からお⾦が貰えないフリーランスの⼈⾃⾝の病気から、健康改善プログラムを作り出した、素⼈の⼈など、案件は多くありますがこんな⼈達と⼀緒に、開発・研究のサポートをしています。

なにかを具現化したい⼈、仲間をつくりたい⼈、お問い合わせください。もちろん、相談料などお⾦は発⽣しません。あなたのプレゼン・PRをみせてください。出会える事を楽しみにしています。

Make a Meal
About

私たちについて

For the Future…

appReciate.合同会社(LLC.)( アプリシエイトゴウドウガイシャ)は、
テーマをもった子どもたちを未来につなぐ企業として始まりました。
現在は主に、1.高齢者向け食事サービス 2.就労トレーニング事業 3.教育事業 4.研究開発
など4つの事業から人の楽しみ、その人らしさの探求を軸としています。
誰もが楽しく過ごせる、夢を希望を具現化できる世の中を創造していくことが私たちの使命だと思っています。

Message

代表あいさつ

こうでなくてはならないと 誰が決めたのだろうか
自己に包括的であれ 他者に包容力を持て
全ては、自己責任
自身で決めるからこそ 人生であり
真の自分らしさが生まれるのである
実は、こうして生きている方が
人生ってもんは、かなり楽しい

杉浦 いちこ 理念より

【まだまだ、進行形の人の底力になりたい・・・。】
1st
児童養護施設のボランティア活動から、18歳で施設を退所するこの子達は、この社会で生きて行けるのか?と疑問を抱き、日本でまだ存在しない事業、退所前の児童の就労トレーニング事業をするべく、高齢者向け食事サービス事業「appReiate.合同会社」を創業。
よく言われるのは、儲かるでしょ?運営楽でしょ?(経営費用)
こう言われたら、まだまだ、世の中認知されてないと思う事として、あえて何も言いません。

児童養護施設を退所する児童や、手帳を持たない発達障害児童、引きこもり児童などに対する弊社のような事業には、国からの補助金はありません。
すべて、自社の売上利益の中で運営をしています。

ここまで、来るのに、Tri&Errorを繰り返し、8年かかりました。
お金もコネもない自分たちが、ここまでこれたのは、出会った人たちの、お陰としか言いようもなく、感謝の一言です。

2nd
現在は、高齢者食事サービス事業とは別に、appreciate labを始め、様々な方々の思いをカタチにするを軸に、共同開発や、共同研究、出資をしています。
これは、本当に一般の方々対象です。
もちろん、何でも受けるわけではなく、熱意だったり、内容だったり、見極める材料はあります。
一人が思いつき、具現化したくても、協力者がいないから思いが折れてしまったり お金やコネがないから、素敵なものでも、具現化できなかったり。
経験値の低さから、失敗したり。そんな方はたくさんいます。
そんな方の思いを、具現化する。
そして、世の中面白くする!

3rd
これから、大きい事を成し遂げられるか否かはさておき
とにかく、人が幸福感を持てる、肯定感をもてる、生きてるって楽しい!と 思える事に尽力して、歩み続けます!

代表 杉浦いちこ


代表 杉浦いちこ
Company

会社概要

会社名
appReciate.合同会社(LLC.)
アプリシエイトゴウドウガイシャ
スタッフ
10名
代表者
杉浦いちこ

沿革

2004年 児童・育児セラピー事業を開始
2008年 販促事業開始 WEB系システム開発事業
2013年 社会福祉事業 appReciate.設立
2014年
人権啓発 「子ども未来計画」実施
各種企業・大学 人材教育
社会医学研究
指導教官 佐分利 応貴⽒ 京都⼤学経済研究所
「社会的病理の解決⼿法」講座アシスタント
同志社⼤学 同志社政策科学研究 講師
日本生命保険相互会社
南大阪支社 人材育成指導講師
2015年
NPO法人appReciate京都設立
同志社大学 経済施策 講師
就労トレーニング事業開始
学びの教室開始
app kitchen給食事業開始
2016年 appReciate.合同会社設立
2018年 福井県⽴若狭⾼等学校 国際探究科 外部指導講師
四天王寺大学 ⽇本学科・国際キャリア学科・社会学科キャリアデザイニング ⾮常勤講師
2019年 appreciate lab運営開始
Contact

お問い合わせ

お問合わせは下記メールアドレスから受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
(営業時間 平日9:00〜17:00)

info@app8.jp

appReciate.合同会社(LLC.)
アプリシエイトゴウドウガイシャ